すべての女性の肌にやさしく、安心して使ってもらいたいと、エクラヴィアは成分にこだわって製品を開発しましたが、そのこだわりはもうひとつの結果をもたらしました。ハラル認定です。
ハラルとは様々な決まりをクリアした、イスラム教の生活において食されたり使われたりすることが許されたもののことです。食べ物については知られるようになってきましたが、化粧品にも当てはめて考えられます。

私は、エクラヴィアを立ち上げる以前から、アジア圏の美容業界の仕事に携わってきました。

私は、エクラヴィアを立ち上げる以前から、アジア圏の美容業界の仕事に携わってきました。熱帯雨林気候のシンガポールやマレーシアでは、屋外では蒸し暑く、室内では冷房が効いて乾燥しています。そのため、大人ニキビに悩む女性が多いんです。大人ニキビの原因の一つは乾燥。毎日のスキンケアでしっかりと肌に潤いを与え、整えることが大切です。
ですが、宗教的な制限があり、使える化粧品が限られており、スキンケアの概念もまだまだ発展途上。そういう国でも女性たちが堂々と使える化粧品の必要性を感じていました。

エクラヴィアのプレスキンケア美容液は、「アルコール不使用/動物性不使用」です。これはハラルの基準に当てはまります。
それ以外にも、製造工程などにおいても細かなチェックを受け、ハラルとして認証されました。厳しい審査をクリアして得たハラル認証は、イスラム教文化圏の方にも使っていただける化粧品として認められた証であるだけでなく、製品の品質や成分へのこだわりが認められた証でもあると考えています。

今、アジアの愛用者の方からは「最近肌が整ってきた」「肌が変わった感じがする」という声も届き始めました。もちろん、国内のお客様からもやはり同じように「しっとり感が一日中続くようになった」「ツヤやハリが出てきたみたい」という声をいただいています。そうやって、肌本来の力を引き出すことで、真の輝きが生き生きと満ち溢れれば、自ずと自分自身も輝き、そして強く美しくなれます。
そんなエクラヴィアが理想とする美の理念「女性の真の美」を日本だけにとどまらず、世界に向けて発信していきたい。そんな想いでこれからも製品づくりをしていきます。

【談:中俣真咲美/エクラヴィア】