Vol.1 “時短ケア”が“手抜きケア”になっていませんか?

今や、女性たちは「結婚したから」「子育てに忙しいから」「〇歳だから」「仕事をがんばっているから」といって諦めることなく、いつまでも美しくいたいと望むことが当たり前になってきています。

ですが、女性として、母として、仕事人として、社会に出ている女性たちは、付き合いが増えたぶん出費が増え、忙しさのあまり自分に手をかける時間が少なくなっているのが現状。とはいえ、それを理由に“美しさ”を諦めるわけにはいきません。

そこで多くの人が興味を持つのが、“コスパのよい化粧品”や“時短美容”です。しかし、お手頃感や手軽さばかり重視してしまうと、単なる手抜きケアになってしまい、 “美”から遠のいてしまうのでご注意を!

“コスパのよい化粧品”はその名のとおり、コストパフォーマンス(費用対効果)が高い化粧品のことですが、多くの人が「お手頃」「安い」という認識でいるようです。一概に「高額なら効果が高い」というわけではありませんが、高額化粧品の多くには、厳選された成分が使われていたり、最先端技術が投入されていたりなど、値段にはそれなりの理由があります。しかし、だれもがその高額化粧品を選ぶことはできません。だから、成分や処方など製品についてしっかり調べたうえで、“お値段以上の効果”が期待できる化粧品を選ぶことが大事なのです。あとは、アイテムが持つ力を十分に発揮できるよう、パッケージに指示されたとおりの使い方をするだけ。

あわせて、自分の肌に本当に必要なアイテムを厳選することも、余計なアイテムを買い続けないという意味で“コスパ”につながります。無駄なアイテムが減れば手順が減るため、結果的に“時短”にもなります。スキンケアにかける時間を短縮するためにアイテムを減らすことは単なる“手抜き”ですが、理想の肌を目指すために必要な化粧品を厳選してアイテムを減らすことは、“時短”の工夫のひとつです。

また、スキンケア以外の時間、例えば睡眠時間や仕事時間に使ったり、あるいはスキンケア前に使うことで美容効果を高めてくれるアイテムを取り入れることも “時短美容”といえます。無駄なアイテムを減らしてこういうアイテムをプラスワンすることで、肌の状態がどんどんよくなっていけば、メイクの時間も大幅削減できるはずです。

忙しいのにいつ会っても美しい女性たちは、すでに“手抜き”ではない“コスパ”で“時短”のお手入れを始めています。ただのルーティーンになりやすいスキンケアですが、やればいいってものではありません。もし、今より美しくなりたい、いつまでも加齢や過酷な環境に負けない肌でいたい、と願うならば、まずは、化粧品の選び方とお手入れの仕方を一度見直してみましょう。